PROFILE


谷  風作 (たに  ふうさく)


1994年10月13日生まれ。

身長 185cm 体重 68kg 靴サイズ 27.5cm

B 87cm W 73cm H 94cm


静岡県富士市で生まれ、

生後2歳までイタリアのミラノで生活し、

以降は福岡県北九州市で育つ。


立命館大学 文学部人文学科 卒業。


イタリアにいた過去があるのにイタリア語を知らないのがコンプレックスだったため、大学ではイタリア語を専攻。


小学生のときには野球と水泳、

ギターなどを習う。


14歳のころ、人見知りを克服する目的で地域の市民劇団に参加。

ペーター・ゲスナー氏による演出で初めて舞台を経験する。

ここで演劇に出会う。


以降は、演劇の沼にハマる。


16歳のとき、自身の脚本・演出・主演を務めた『木村に100円借りた』が高校演劇大会で奨励賞を受賞。


大学時代には、東映の方から時代劇の所作や殺陣を学ぶ。


2016年京都学生演劇祭大賞受賞作品「虎と娘」への出演をきっかけに幻灯劇場に参加。

同年の演劇ドラフト会議において、同作の演技を評価され劇団衛星から1位指名を受ける。


劇作では、第44回テアトル・エコー創作戯曲募集において自身の執筆した戯曲『蚊の子のカゾク』が最終選考作品にノミネート、

イタリア・ボローニャの劇場 "Teatri di Vita" の総監督の依頼で短編戯曲を執筆するなど、精力的に活動。


2017年に大学を卒業後も、演劇活動と並行し、テレビドラマや映画、CM、ラジオへの出演を行う。


現在はジークンドーやカリといった武術も学んでいる。

オセロが強い。


↓出演作品はこちらから↓